離婚相談

離婚で悩んだとき

裁判では、有責配偶者からの離婚請求は原則的に認められません。

そこで、別れたくないのなら、相手が有責配偶者である証拠をつかんでおけば、離婚を防ぐことができます。

また、別れたい時にも、相手が有責配偶者である証拠を示すことで、離婚条件の交渉を有利に進めることができます。

さらに、勝手に離婚届けを出されないよう、不受理申出をしておくと安心です。

オンナ探偵秘密のファイル
http://l-tantei.com

 

高橋久美子

高橋久美子

投稿者の記事一覧

20年間、政界の窓口で様々な相談業務に対応してきた経験を活かし、探偵業を開設。現在、心理カウンセラー、法律事務所スタッフとしても活躍。ガルの女探偵として、面談からアフターフォローまで行い、依頼者第一主義の調査に定評あり。

総合探偵社 ガルエージェンシー千葉柏(0120-783-852)
ガルエージェンシー千葉柏

総合探偵社 ガルエージェンシー栃木第一(0120-494-007)
ガルエージェンシー栃木第一

関連記事

  1. 離婚に際して3つのルールを心がけて!
  2. 離婚の際に相手に請求できるもの
  3. 離婚問題の背景とは?
  4. 有責配偶者からの離婚請求が認められる場合
  5. 不倫調査
  6. 女探偵通信〜浮気・不倫待ち合わせ場所
  7. 離婚の際の慰謝料
  8. 離婚の時に考える事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。