離婚相談

別居後の肉体関係

別居後に、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことが離婚原因となるかどうかは、婚姻関係が破綻しているかどうかに判断の基準が置かれます。

別居後間もない場合は、婚姻関係が破綻しているとは認められにくいと思われます。

そのため、そのような時期の肉体関係は、破綻後の不貞行為とは認定されないでしょう。

これに対して、別居後6~7年を経た後に開始された肉体関係は、夫婦関係が破綻した後の肉体関係として、不貞行為には当たらないと判断される可能性が高いでしょう。

別居を考えている方は、冷静な判断が必要です。一人で悩まず、ご連絡下さい。

24時間 相談無料です。

オンナ探偵秘密ファイル

http://l-tantei.com

 

高橋久美子

高橋久美子

投稿者の記事一覧

20年間、政界の窓口で様々な相談業務に対応してきた経験を活かし、探偵業を開設。現在、心理カウンセラー、法律事務所スタッフとしても活躍。ガルの女探偵として、面談からアフターフォローまで行い、依頼者第一主義の調査に定評あり。

総合探偵社 ガルエージェンシー千葉柏(0120-783-852)
ガルエージェンシー千葉柏

総合探偵社 ガルエージェンシー栃木第一(0120-494-007)
ガルエージェンシー栃木第一

関連記事

  1. 離婚に際して3つのルールを心がけて!
  2. 不倫調査
  3. 離婚は人生一大事
  4. 二度目の浮気は許せない!今すぐ離婚をしたい!
  5. 有責配偶者からの離婚請求が認められる場合
  6. 男女別離婚の動機ベスト3
  7. 離婚の子供への影響
  8. 離婚の際に相手に請求できるもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。